宗吾の松

新年明けましておめでとうございます。
本年も真っ直ぐ自分らしく道を歩みたいと思います。
1/2から池袋でイベントのお仕事をいただいており、朝だけ新年のご挨拶を兼ねて伺って、その後はみんな稼働しているので私もオフィスに行こうという予定でした。
オフィスの前に着き、鍵が無いことに気がつくまでは。(言い訳ではない、本音だ)
最近はフトできたこんな時間がラッキーに思えてしょうがない。
ということで、近場で行きたいところに行くことにしました。
6年前から言い続けていますが、広尾の日赤病院の駐車場に凄い立派な松の木があるんです。
引越してからも2回見に行ってます。

思いつきだったのでカメラを忘れたのが残念。
毎日駅までの近道で通っていたのですが、嘆きながら家路を辿る私に「私の見てきたものはそんなものではない」と伝わってくるかのようにドッシリ構えているんですね。

何百年生きているんだろうと昔はきになっていたのですが、先日ちゃんと調べてみたら驚きました。
(想定)樹齢300年でした。
しかも、歌舞伎になるほどの凄いストーリーを見てきた松の木でした。
本当に正月から感動しました。
※しかし、日赤病院が改築してから凄い疲れている。
前の画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA