結論でました。


やっと結論でました。
28歳の時からずっと本当に本当にどう生きるのかと考えていた道がやっと見えました。
ずっと誰かに聞いてもらいたくていたんだけど、一人で悩みこれなのかと結論が出ました。
正しいか分からないというより、現在の人生の段階では確実な進化だと間違いなく思っています。
段階1
段階2
段階3
これらを経て、よーーーーーーーーやくですよ。
というわけでお得意の行政書士なみの手早い手続きで準備をしても年末の発表になるかと思いますが、
やらせていただきます。
もう、それらには手をかしません。
レイチェル・カーソンが1963年にシュバイツァー賞を受賞した時、授賞式のスピーチでシュバイツァー博士の言葉でいいかえて、
「シュバイツァー博士は、『もしも我々が人間と人間との関係にしか関心をもたないとすれば、真に文明化しているとはいえない』といわれました。
重要な事は、人間と他のあらゆる生命体との関係です」

と述べている。
※鳥影社「レイチェル・カーソン-自然への愛-」より抜粋
※シュバイツァー博士=アルバート・シュバイツァー(アルベルト・シュバイツァー)
これらを形にしている方の、なんとか少しでも役に立ちたい。

外濠→国会議事堂→赤坂見附まで歩きながらマシンガントークでしたが、聞いてくれて本当に感謝しています。
昔じゃ駄目で、この段階じゃないと駄目だったんだと思います。
今日は花見から帰ってきて、Bob Dylanの「I shall be released」をガシガシ聴いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA