素人さんには負けません、プロの日焼け止め選び

トップの画像は大好きな伏屋美希さんの新作です。

「ジェルやスプレーの日焼け止め使ってるのに焼ける」という素人さん、そろそろプロの日焼け止め選びを知ってみては如何でしょう。
と言うより、担当している美容コラムで書ききれないことを、まとめてみました。

まず、日焼け止めの種類は大まかには2種類に分かれ、紫外線を一旦吸収して科学反応でエネルギーに変える紫外線吸収剤タイプと、表面にベールを作り跳ね返す紫外線散乱剤タイプです。

個人的な分析によると、ドラッグストアで販売されている1000円以下の日焼け止めが比較的実感に乏しい理由は、成分が紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のどちからに偏っているから。
圧倒的な支持で爆売れ中のアネッサ(ゴールド)は、上記の2種類が均等に近いバランスで配合されている事を知らない人が100%に近いほとんどです。

私のオススメの日焼け対策①
この2種類の日焼け止めを一緒に使う+紫外線散乱剤のパウダーを重ねる。
肌の内側と表面の保護には2種類を合わせたタイプの日焼け止めを塗り、肌表面を更にブロックする効果のある紫外線散乱剤をパウダーで重ねて、Wブロックします。
文字だけだと「紫外線散乱剤」は強い薬品にしか思えませんが、ナチュラルコスメの日焼け止めや、UVパウダーはコレになりますので、敏感肌でも使用できます。

私のオススメの日焼け止め対策②
上記の技に、更に飲む日焼け止め(サプリ)を使う。
モデルさんでも「飲む日焼け止め」を通年飲んでいる方は、日焼け止め無しでも焼けてません。
しかし、日差しの強い夏場だけ飲めば良いと思った方は、大間違いです。
様々な美容情報の成功例を知っている私の統計では、これ系サプリは長期服用者のみが得られている効果みたいですよ。
せめて、今時期から毎日飲む日焼け止めサプリと、日焼け止め吸収剤と散乱剤の日焼け止めを一緒に使いましょう。

値段の高いサプリですので、安く買いたい方は「セルレ」の一部店舗により半額以下で販売されています。

購入の際にどのタイプの日焼け止めなのかは、成分を見ないと分からない商品が多いですが、下記のサイトは参考になります。
美肌マニア

そもそも敏感肌の方は、紫外線吸収剤タイプの日焼け止めは使用できない物が多いと思いますので、ご注意ください。

今年の日焼け対策の参考に少しでもお役立て出来れば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA