【長文】グリーンスムージー~続き~

今日は皆さんファッションショーお疲れ様でした。
私は現場に立ち会えなかったのですが、小松さんも「ヘアセット全然手早く仕上げてました」と聞き、短期間でも早い成長ぶりにニンマリです。
また、クライアントに恵まれすぎていることに深く感謝しております。
沢山のご用命いただき、本当にありがとうございます。
これからも次に繋がるように、結果は最善であり、うちに依頼して良かったと思っていただく仕事を楽しんでやっていきます。
やはり私もコレぐらいは忙しくないと自分らしくない。
さて本題のグリーンスムージーですが、クライアントには「3日と続かないでしょう」と言われながらも、意外と続いていることに驚かれております。
しかし数日前調子に乗って、栄養価の高いスプラウトを結構入れてみたらトラウマになるほどマズく、飲むたびに細い毛(スプラウトの繊維が細すぎて未分断の状態)みたいなのが口から数本垂れていて、具合が悪くなるほど気持ちが折れましたが、継続の心で山場は乗り越えました。
ちなみにスプラウトは、ビタミンB群が豊富で成長した植物の100倍の栄養価ですが、多めのアルカロイド(植物毒)を含むため、1日の摂取量は片手一掴み程度を週に1~2回に抑えましょう。
光合成するグリーンの分子で知られるクロロフィル(葉緑素)は人間の血液中の鉄分子に類似しており摂取することで体内の敵を破壊するそうで、血球数を増加、がん予防、臓器の鉄分供給、体のアルカリ化、解毒、肝臓の浄化、肝炎の改善、書ききれないほどいっぱいあるのでこれぐらいで・・・。
やっぱりグリーンのカラーが一番好きです。愛おしい。ポイントとなる雑貨はグリーンと決めております。(予断)
体内の全ての物質が最適な健康状態を維持するのに一番重要なのが【恒常性(ホメオタシス)】で、バランスが崩れると病気を発症するそうです。
ホルモンを放出する内分泌腺が臓器から依頼された物質を必要分製造し提供し、健康を維持するのに栄養素(ビタミン、ミネラル、炭水化物、必須脂肪酸、ミネラル、等)が不可欠で、前回からの内容をまとめてグリーンが最適&その栄養素を吸収しやすい状態に粉砕し摂取しましょうというわけで。
今日本で一番問題になっている放射能が恒常性の機能を損傷させるのならば、その機能を高める予防策しか人間にはなく、より自然の力が必要で、いかに人間は自然や太陽の光に生かされているのか思い知らされます。
<私が思うグリーンスムージーをやる上で大切なことは>
①「日々グリーンの種類を変えましょう」・・・理由:植物は絶滅しないようにアルカロイドを含んでいます。同じグリーンばかりに偏るのは、同じ種類のアルカロイドを摂取し過ぎて自分の体で解毒できなくなってしまう為。
※雑草はビタミン・ミネラルが特に豊富で、動物に食べさせ肥料を得る為に、アルカロイドはほとんど含まれていないか、いっさい含まれていません。自然の仕組みを改めて尊敬します。
②「せっかくやるなら効果的に」・・・ゆっくり飲みましょう/グリーン、フルーツ、水、以外はNG/食事と一緒ではなく極力単体で飲みましょう。40分空けたら食べてもOK/9種類のフルーツと12種類以上のグリーンは多すぎ/にんじん、ビーツ、ブロッコリー、ズッキーニ、カリフラワー、キャベツ、芽キャベツ、ナス、かぼちゃ、オクラ、さやエンドウ、トウモロコシ、緑豆、などのでんぷん質の野菜はNG。フルーツと食べあわせが悪い/栄養価の高いオーガニック野菜がおすすめ/木の上で熟されたフルーツは栄養価が高くおすすめ
③「難しく考えず実践しましょう」・・・・メリットを把握する為いろいろ言ってますが、一週間やってみて、無理のない量・レシピ・気持ちが一番重要かと思いました。
※本文は、ヴィクトリア・ブーテンコ著「GREEN FOR LIFE」の内容、セミナーで知り得た情報、どこぞで知り得たオリジナルの内容を抜粋してまとめております。
あぁー疲れた。
とりあえず、グリーンスムージーに関して皆さんの入り口となる情報は、まとめきった感じです。
是非やってみてねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA