GINKO Paul Gallico

フォスキップでは有名な猫のギンコ(人間年齢90才)と別れまして、だいぶ悲しい日々を過ごしておりました。
※預り猫だったので本来の飼い主に返っただけで、今でも美味しい缶詰を食べ、キャットフードは人間にわかるように、しぶしぶ食べるふりしてペッと吐き出している事でしょう。

そんな日々の延長、よく行く本屋で物色していたら、ポール・ギャリコの「猫の教科書」と出会い、したたかな頭の良い猫の生き方にふれ、ギンコもコレぐらいの教科書を書く頭の良い猫で、強い気持ちで生きてるよと言い聞かせるように読んでます。
本当に面白い本でして。
主人公の子猫が生後6ヶ月で親猫を事故で亡くしながらも落胆せずに、自分は容姿も良いし、頭も良い、6ヶ月だけでも親に生きるコツも習ったと、猫が猫にあてた教科書を、まずは人間の家を乗っとるところから書き記しているのですが、本当に可愛い。
ギンコ今までありがとう。
お元気で。
仕事はおかげさまで、絶好調です。
月末から半月、タイと韓国に出張行ってきます。
報告はブログにて。
頑張ります。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA