そんな機会が無いときに言いたかった事

今のところ本当に仕事は幸せで、縁にも恵まれています。
そんな縁に恵まれる中、今後のもしかしたらを見越して小さくさりげなく、ブログで残しておきたいことがあります。
過去には大声で叫ぶわけにもいかなかったし、そんなアホアホ低知能集団はほっとけと思ってたから、その場に立たされても何も言わなかったことなどがあります。
では、声を大にして・・・・
私は誰の愛人でもありません!!!!・・・笑、いきなりすいません。
過去にもこれからもそんな関係で仕事をもらうことも、お願いすることもありません。
そんなことに頼らなくてもヘアメイクとしての技術は死んでも落ちても無く、現役バリバリですので、いつでも技術職で男に頼らなくても生きていけます。
そしてそういったことには非常に潔癖です。
新規のお話しを頂いているクライアントに過去の実績を資料で持ってきて欲しいといわれ、2005年からの店舗運営や人材派遣の実績などを文字にまとめてましたが、たしかに誰かの愛人や何かしらの権力の後ろ盾がないと、与えられない仕事だとは思いましたが、確実に運だけでやってきましたので、一番の潔癖であるその生き方は選択してきておりません。
先月も久々に「で、誰の愛人なんだっけ?」って言われました。
過去にも委託で3店舗運営していたときにも、散々そのような事を言われ、百貨店にも呼び出されたことがあります。
しかし真実はその噂相手の社長とは2人でご飯すら行ったことなかったのに。ひどいです。
コレに関してはこんなもんでいいや。
何で今更こんなことをブログに書いているかというと、今はそんな風に思われる環境にいないからです。
そして初めて仕事で携わる方も増えると思うので、今のうちにさりげなくブログに残しておきます。
しかし、1つ私にも卑怯な面があったとするなら、そのような噂を流されても、ソレや後ろに権力があるのではないかと思われていることによって、勝手に「あいつに逆らうとヤバイ」と脅威に感じてもらっている方が、素がバレるより都合良いかもと開き直っていたこともあります。
けど、ここまで実績も経験値もできたら、それすらも気にすることもないので、書いておきます。
引き続き自分がなりたくない女性像です、パーティー女が嫌いです、美食家女が嫌いです、美容オタクが嫌いです、ブランド女が嫌いです、女子会が嫌いです、会社のことを仕事を自慢げに語る女性社長になりたくないです、とりあえずはこんなところです。
だから美容の会社なのにブログに美容情報や会社の仕事情報がほとんど書かれてません。
※すいません、上記の嫌いですを苦手ですに訂正してください。
好きなものは、男気のある人間、お茶、山、お花、猫、ロック、男性は飾り気の無い文系メガネ男子。
非常に現代に合わず、ずいぶん生きにくいです。
潔癖が強くて、孤立してしまいがちなんですが、どうしたらいいですか?
あぁ、信頼する誰かに話しを聞いてもらわないと壊れ気味。
仕事は忙しくてよろしいのですが、癒されたい・・・。
正義はあったのか ばか!
正義は勝ったのか~♪?ばか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA