イベント終了・小言

今年もCanonのイベントが終了しました。
今年でバックステージ担当になって何年目か聞かれましたが、忘れました。6年くらい?
↓前から見るとめちゃくちゃカワイイです。70年代アメリカンポップがイメージ(メイクは小松さん)

他の現場ではできない個性的なスタイルをつくれ、右脳がぐるぐる働くので楽しいです。
最近全くブログを更新してなかったり、興奮をひた隠しておりますが、実は絶好調なんです。
自分の考えるプロジェクトが間違いなく日本の為になり、本当にやりたいことで、直感で気づくことができる出会うべく人に出会えてて。
右脳がぐるぐる程よく回転しています。
また、こういうのってある程度の年齢になると、心の闇(不安・トラウマ)が邪魔しない限りお互いが気づくのですよね。
それらが集まることで今までなかなか成功できなかった形式のパズルが最高のチームで組みあがると、分かります。
はい、全く言ってることの意味わかりません。
こういう事もわざわざ伝えなくてもいいので、やる事やって結果やりたい事・やるべき事をやっていたらいいんです。
関係者はみんなヒシヒシと分かっています。
本格始動は来年になりそうですが。
私の仕事のやり方は後の手直しは師匠にやってもらうとして、先にプロジェクトをドカンと仕掛けられるように、才能ある者や物を見つけ、ちょこちょこ仕込から畑を耕し→種を蒔き→ある程度のブランドにし→大きなプロジェクトに変えてもらう。
リスクもあるように感じますが、関わる方や、その他どこまでを自分の仕事と割り切るかだけかと考えます。
学ぶべき師匠と出会え、自分が出来ることも今まで経たことも大切であって、だからこそでありまして。
そして世の中の役に立つプロジェクトのメンバーにいれてもらえて、これが仕事であって、感謝です。
やるべき目標をもったら、バーっと進行させるのが私であります。
楽しく頑張ります。
↓※私が「カァカァ」とカラスのマネをしているので不思議がっています。

↓悪気はないのですが、気がついたら撮ってしまってました。Canon関係者のカメラにも画像がありました。お互い悪気はないのです。

↓桜が咲いてました。ずいぶん間違ったね、今は秋です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA